シャンパンやカバを超えた コルピナットとは?

泡ワイン

トゥロ・ダン・モタ/Turo den Mota

  • [ブドウ品種]チャレッロ/Xarel·lo
  • [ボデガ名]レカレド/Recaredo
  • [収穫年]2005年
  • [生産地]ペネデス コルピナット/Penedes, Corpinnat

「シャンパン」「カバ」から「コルピナット」へ

Cava(カバ)と言えば、スペイン産のスパークリング(発泡性)ワインのこと。シャンパーニュと同じ伝統方式によって作られていて、手ごろな価格から世界中に愛好者がいます。そんなカバの中にあって、スペイン最高峰と評判なのがレカレドです。しかし、レカレドはもうカバではありません。
というのは、スペインのカバを牽引してきたペネデス地域にある9社(レカレド Recaredo、グラモナGramona、ジョパール Llopart、サバテ・イ・コカSabaté i Coca、トレジョTorelló、ナダル Nadal…)が、カバは100%自社畑でオーガニック栽培されたブドウを手摘みし、ワイナリー内の設備で醸造する…などもっと明確な基準を作るべきと、長い間カバの団体に主張してきましたが、何も変わらないので、自分たちで新しく団体を作ってしまったのです。その名称が「Corpinnat(コルピナット)」なのです。

自然、天然への徹底したこだわり

と、まあ、前置きはさておき、レカレド社のワイン、とりわけスパークリングはスペシャルです。レカレド所有するすべての畑はビオディナミ農法。草生栽培により樹勢をコントロールしているほか、土中の酸素や窒素を循環させ土壌の有機質を豊かにするため、馬を使って畑を耕すなど、自然の生態系を大事にした栽培を実践しています。ルミアージュといって瓶をくるくる回すやり方は手作業。デゴルジュマンという澱抜きは、瓶口を凍らせない職人技。レカレドすべては高品質かつテロワール(その土地ならではの個性)を表現するための作業です。補糖も補酸もせず、SO2添加も最低限。チャレッロというブドウ品種が持つポテンシャルだけで勝負しています。
封印する栓も創業時から、かたくなに天然コルクにこだわっています。王冠と比べると長期熟成に向いていることが調査結果でも証明されています。全世界で年間6億本作られるシャンパーニュ方式のスパークリングのうち、天然コルクで瓶内熟成しているのは100万本。そのうち60万本はフランス、30万本がレカレドで使用されているのです。

スペイン最高峰のスパークリングワイン

レカレドの泡ワインは、全部で4種類。それぞれに特徴があるのですが、ここで紹介している「トゥロ・ダン・モタ」は、熟成120カ月、3,984本限定生産の超プレミアム泡ワインです。ハチミツ、ナッツ、カラメル、ハーブのアロマ。エレガントであり、果実味があり、ミネラルも感じられる、それはそれは見事な味わいです。特別な日に、特別な人と、特別なひとときをお楽しみください。ギフトにも最適な木箱入りです。

アバター

Tomomi Inoue

広告および編集の企画・取材・制作を続けて40有余年のライター。数多くの企業の広報活動に携わる一方、ワインジャーナリストや醸造家との親交を通じて、スペインワインの素晴らしさに魅せられ、ポータルサイト「スペインワイン発見!」、販売サイト「特選スペインワイン発見!」を開設するほか、SNSを活用しながらスペインワインの普及に努めている。世界最大のワイン教育機関 WSET が発刊する「Wines & Spirits(レベル3)」日本語版の翻訳・監修をはじめ、ワインにまつわる記事も執筆している。

TOP